大学選びは本当に重要

大学選びや大学受験は、自分の人生を大きく左右する本当に重要なことです。
自分がつきたい職業にあわせた大学や学部を慎重に選ぶ必要があります。

学生なので、遊びたい気持ちも大きくて受験勉強に専念するのは本当に辛いと思います。
ですが、ここで頑張らなければ将来後悔することになってしまうので本当に頑張って欲しいなと思います。

実際に私が大学選びをした時に重要だと感じたことについてお話したいと思います。

まずは、なんと言っても自分がなりたいと考えている職業にあわせることです。
まだ具体的には決まっていないという人も、興味のある分野や得意科目などからなんとなくでいいので将来の自分の職業を絞り込んで見ましょう。

希望の職業などから、学部を選びそれをキーワードに大学を絞り込みます。
絞り込んだとしても、まだまだたくさんの大学が存在していてその中から選ぶのは難しいと思います。

そこで、次は偏差値を見てみましょう。
自分の偏差値でも狙えそうな大学に更に絞り込んでいきます。

そろそろ、候補になる大学が減ってきて選びやすくなってくると思います。
そこで次は、大学がある場所を見てみましょう。

1人暮らしをしたいと考えている人は、少し遠い場所にある大学を探してみましょう。
また、実家から通いたいと考えている人は自宅付近にある大学を探しましょう。

ここまでくれば、数えるほどの大学まで絞り込むことが出来たはずです。
そこから、大学を選ぶ時にはオープンキャンパスに参加して実際にその大学の雰囲気を味わったり、先輩のお話を聞いたりして決めることをオススメします。

一生に1度の大学選びですから、楽しいキャンパスライフと社会に出た時の自分のために後悔しないように慎重に選びましょう。

明確に行きたい大学が決まれば、受験勉強にも力が入るはずです。
納得のいくまで、オープンキャンパスや大学説明会に参加して積極的に情報収集をしましょう。

大学選びを高校3年生になってからし始めるという人もいると思います。
ですが、私は出来るだけ早い時期から始めたほうがいいと思います。

その方が、より多くのオープンキャンパスや大学説明会に参加することが出来て、自分にあった大学を慎重に選ぶことが出来ると思うからです。

何度もいいますが大学選びは、自分の人生を左右する大事なことですから高校生の皆さんには慎重に自分自身と向き合いながら大学選びをしてほしいなと思います。
また、皆さんが自分が希望する大学に合格することを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*